茶道

teaimage茶道とは:

伝統的な様式にのっとって各人に抹茶をふるまう事で、茶の湯とも

いいます。唐(618-907)の時代に、中国から伝わってきました。

精神は禅宗の考え方に基づいており、日本全国に禅宗が広まった

鎌倉時代を経て華やかな室町時代の東山文化の下、茶の湯が

成立しました。その後安土・桃山時代に千利休が侘茶を完成させ、

これが現代の茶道の原型となりました。

千利休の四規七則の教えとは:

四規は和敬清寂の精神を表しています。

和・・・お互いに仲良くすること。

敬・・・お互いに敬いあうこと。

清・・・見た目だけでなく心の清らかさのこと。

寂・・・どんな時にも動じない心のこと。

七則は他人に接する時の七つの心構えです。

茶は服のよきように点て 炭は湯の沸くように置き 冬は暖かく夏は涼しく

花は野にあるように入れ 刻限は早めに 降らずとも雨具の用意 相客に心せよ。

参考文献・ウェブサイト 日本文化いろは辞典

ookura1おすすめスポット1: ホテルオークラ 茶室 聴松庵
場所 虎ノ門
時間 AM11時ーPM16時
料金 1050円(干菓子、主菓子代金含む)
流派 江戸千家
電話 (3582)0111  内線 3244



英語での説明も受けられます。
前もって予約が必要です。

立礼式のお手前で、椅子に座ってお茶をいただきます。
京都裏千家に現存する重要文化財"又隠庵"を再現した聴松庵でもお茶を頂く事ができます。


お すす めスポット2: 江戸東京たてもの園 三井八郎右衛門邸
場所   東京都小金井市(JR武蔵小金井駅よりバス5分)
入園料  400円


お茶席 望海床
料金  300円(主菓子代金を含む)
日時  次回は三月を予定しています。
一席11:00-11:40boukaisyou
二席12:00-12:40
三席13:00-13:40
四席14:00-14:40
五席15:00-15:40
流派  宗偏流(当園ボランティアによるお手前)
teicha               呈茶 庭園
       料金  300円(主菓子代金を含む)                    
       
       日時  上記のお茶席と同じ時間帯
ボランティアの方々とお茶について語り合いたい方、あるいは、近くでお手前を見たいという希望をお持ちの 方は下記の日時に御越しください。


      場所    園内(季節により変動しますので、ご連絡を頂いた時にお知らせします。)
      料金    200円(菓子代金含む)
      日時    毎月第3水曜日  午後1:30~3:00頃


通訳が必要な場合はご連絡下 さい。


戻る