華道

tea-flower1

華道とは: 
四季折々の樹枝・草花などを切って花器に挿し、その姿の美しさ、いのちの尊さを表現し鑑賞する芸術で す。 茶道など他の諸芸と同様に、礼儀作法を大切にする日本の伝統的な芸術です。

花を飾る文化は太古の時代、仏前へ草花をお供えする事(供花)から始まりました。やがて仏教の渡来と共 に供花と結びつき、人々の生活において様々な場所に 草花が飾られるようになりました。その後室町時代の華やかな東山文化の下、床の間がある書院造りの建築様式の完成によって、花は決められた方法に従って生 けられ、床の間に飾られるようになります。日本の生け花は正面から見て最も美しく見えるように生けます。これは、床の間に飾って鑑賞する際に最も美しく見 えるようにする為です。この頃から、草花は人間と同じいのちを持つものとする思想が生まれ、華道が完成しました。江戸時代中期以降、庶民が手軽に生けられ る生花(いけばな)が広まり、様々な流派が生まれました。


花を拝見する作法とは:
床の間から畳一帖へだてた位置に座り、花へ一礼して拝見します。
全体の構成、花材のとりあわせ、花器、花台までをよく拝見して、花を生けた人への感謝の一礼をします。
(自由化の場合は特別な作法はありませんが、生けた人に対して挨拶して拝見するのが礼儀とされています。)


立花とは:
室町時代の書院造りでの床の間のある建築様式の誕生と共に、その床の間を飾る為に生けられた様式。細長い花びんに花を縦長に生ける技法で、生け花の基本の 一つです。色々な種類の草花が互いに協調し、絵画のような風景的な情緒を花びんの上で表現しています。

生花とは:
茶の湯の流行によって茶室に飾られるようになったいけばなで、小さな床の間に飾るのに適するように立花を簡略化したものです。平たい器と花材を刺す針が付い た剣山を使って 生ける技法です。花らしさを大切にし、その草花の性質にかなう生け方で表現します。

自由花とは:
現代の時代に応じて、ステージやイベントなどで演出される生け花の事です。伝統的な形式にとらわれず、 自由な発想で表現されます。
                             参考文献・ウェブサイト   日本文化いろは辞典


flower-arrange1おすすめスポット


場所: 所沢市

曜日: 火曜日

講師: 草月流師範

     山村はく央 先生

料金: 1,000円

他に花材料費 1,500円程度


ご 連絡頂ければ、時間をアレンジいたします。




戻る